Chirpy**

目玉ケース

 HGCでグラスアイを大人買いしたは良いものの、HGCはチャック袋に小分けに入っているだけでケースが付属していません。
 保管に困ったので、目玉ケースを作ることにしました。
 この際他のグラスアイも一つのケースにまとめて管理しやすくすることにしました。

【用意したもの】


画像01
 ダイソーで買ってきた小分けケースです。
 縦12.5cm×横18.5cm×高さ3.5cm。部屋は4つです。
 本当はピルケースのように2.5cm角くらいの小部屋に目玉一個ずつ入れた方がベストなんでしょうが、部屋が多いと沢山スポンジを切らなきゃいけなくて面倒臭いので、このくらいで十分です。
画像02
 中に詰めるスポンジは、お馴染みメラミンスポンジです。
 切れてないものを買いました。
 普通のスポンジの方が柔らかいですが、カッターでサクサク切れて加工が楽なのでこっちを選びました。
画像03
 部屋の大きさに合わせてスポンジを切ります。
 そのままだと厚過ぎるので丁度良くなるように削ぎます。
 縦横は1~2mm大きめに切るのがコツです。
画像04
 詰め込みました。
 気持ち大きめに切って詰めるとぎゅっとはまるので、特に底などは固定してません。
画像05
 厚さはだいたいこんなバランスです。
 蓋を閉じた時に、蓋の裏と本体のシープボアが触れるくらいがベストです。
画像06
 表面に敷くのはシープボアです。
 毛足が短くてもこもこなので、きっと柔らかくグラスアイを包んでくれる筈。
画像07
 部屋の大きさに切ってスポンジの上に乗せました。
 これも特に固定はしてません。
画像08
 蓋の内側にもシープボアを貼ります。
 スポンジなどは挟まず、ぺろっと一枚両面テープで貼り付けました。
 最後にサイズや分類などを名前シールに書いて、ケースの蓋に貼っておきます。
画像09
 並べました。
 サイズ別、暖色系・寒色系で分けてみました。
 8mmアイの所はスポンジを厚めにするか、スポンジの下にティッシュなどを敷いて嵩上げします。
画像10
 シープボアのふかふかの中にグラスアイがよく収まってます。
 尻尾の長いアイは安定しないので、横向きに寝かせて置きます。
 ブロウなど中空のアイは強く挟むと心配なので、専用のケースに入れておく方が良いと思います。

 目玉をすっきり収納できて、選びやすくなりました^^

Pagetop▲

Top > Atelier > 目玉ケース

2003-2017 Copyright© Chirpy** ⁄ Chataro, All rights reserved.