Chirpy**

ベランダ改造 2-1

 プチ野外撮影できるような綺麗なベランダが欲しい!ということで、前回床面にタイルを敷き、エアコンの室外機に目隠しをする基礎改造をしました。
 大まかなBefor→Afterがこちら↓
画像01
画像02
 これだけでも十分綺麗になったと思うんですが、床面が綺麗な分、余計に目に付くのがコイツです。
 室外機の頭(背中?)。
 最初は鉢を置いちゃえば目立たないだろうと思ってたんですが、見れば見る程前後の余白が勿体無い気がして仕方ないので、上に蓋をして完全に鉢置き台にしちゃうことにしました。

【用意したもの】


画像03
 完成イメージ図はこんな感じです。
 今の状態に上から大きなスノコをかぶせる感じです。
 手前側と前面はラティスで支えられるので、向こう側にだけ足を付けます。
 材料はSPF材という、柔らかくてべらぼうに安い木材を使います。
 幅8.9cm×長さ182cm×厚さ1.9cmを7本購入。
 ついでなので、室外機カバーと一緒に高低差を出すための鉢台にする箱を作ります。
 できるだけ端材を少なくギリギリまで切り出せるように、↓のように計算しました。
画像04
 ちなみにDIYでも洋裁でも、茶太郎は材料を切る作業が一番苦痛です><
 なのでホームセンターで全部切って貰いました。
 カード会員は直線カットは何回切っても無料なのです。一箇所室外機のホースを通すためにくり抜いた部分だけは有料でしたが。
 縦に四等分とかけっこう無茶なお願いにも、おじさんは快く応じてくれました(笑)

 切った木材の角を紙やすりで丸めます。
 端材に紙やすりを巻いてガムテープで貼り付けて使うととても楽です。
画像05
 やすり掛けが済んだら、水性塗料を塗ります。
 使ったのはこれ。
 ラティスと近い色になるように、「ライトオーク」という色を選びました。
 防虫、防腐、防カビ、撥水加工がいっぺんにできるらしいです。
 防腐剤は必ず組み立てる前に塗ります。組み立て後だと木材の接点など塗り残した部分から腐ってくるからです。
 ちなみにSPF材はカビや腐食に弱い木材なので、裏表厚めにしっかり二度塗りします。
 片面塗って乾燥待ち1~2時間×4回を繰り返したので、暑さと夕立を避けて作業したら結局3日も掛かりました^^;
 塗料が乾いたらいよいよ組み立てです。
 が、写真撮るの忘れました……orz
 手順としては至って単純です。
(1)設計図通りに並べてボンドで仮止め
(2)電動ドリルで下穴をあける
(3)木ネジで固定する
 鉢台の箱は下穴を開けずに釘で打ち付けました。

1 2 3

Pagetop▲

Top > Atelier > ベランダ改造 2

2003-2017 Copyright© Chirpy** ⁄ Chataro, All rights reserved.